2月, 2017年

新入社員向けコンプライアンス冊子の購入者に「コンプライアンス落語」DVDをプレゼント!

2017年2月24日

企業のコンプライアンス推進を支援するHTCは、新入社員向け冊子の購入者に対して、コンプライアンス落語のDVDをプレゼントするキャンペーンを2017年2月20日より開始した。同DVDに収録されている動画は、2017年末までの期間限定で社内上映やイントラネット上の利用が可能。

企業のコンプライアンス推進を支援するハイテクノロジーコミュニケーションズ(東京都文京区、代表取締役:岡村克也、以降HTC)は、期間限定企画として、新入社員向け冊子の購入者に、社内上映やイントラネット上での利用ができる「コンプライアンス落語」のDVDをプレゼントします。

 

【キャンペーン内容】

HTCが制作・販売する以下の冊子を一定数以上購入した方に、「コンプライアンス落語(咎の素)」を収録したDVDをプレゼント。DVDには、フルHD画質の動画も同時収録されています。

▼新入社員(新社会人)向け冊子

「コンプライアンス事件簿 新入社員編」(50部以上)
「コンプライアンス事件簿 新社会人編」(50部以上)
「新入社員のためのコンプライアンス読本」(10部以上)

「コンプライアンス落語(咎の素)」に収録された動画は、購入された方(企業・団体等)が、期間限定(2017年12月31日まで)で社内上映、イントラネット上での利用をすることができます。
ぜひ従業員の意識啓発やコンプライアンス教育にご利用ください。

★キャンペーン期間:2017年6月30日まで★

 

【新入社員(新社会人)向け冊子について】

■コンプライアンス事件簿(新入社員編、新社会人編共通)
https://www.htc-inc.co.jp/hanbai/jikenbo.html

判型:A5サイズ
頁数:16P
色数:4色(フルカラー)
価格:50部単位の販売となります。
・50部:9,000円(送料込、税別)
・100部~500部まで:1冊あたり140円(送料込、税別)
・600部~1000部まで:1冊あたり117円(送料込、税別)
※1,050部以上は別途お見積りいたします。

 

■新入社員のためのコンプライアンス読本
https://www.htc-inc.co.jp/hanbai/dokuhon.html

判型:A4サイズ
頁数:28P
色数:4色(フルカラー)
価格:10部単位の販売となります。
・10部~90部:1冊あたり500円(送料込、税別)
・100部~200部:1冊あたり450円(送料込、税別)
・ 210部~300部:1冊あたり425円(送料込、税別)
・ 310部~400部:1冊あたり400円(送料込、税別)
・ 410部以上:1冊あたり375円(送料込、税別)

※いづれも「こんぷろカスタム」会員企業は10%割引になります。
※「こんぷろカスタム」とは、HTCが提供するコンプライアンス推進活動に役立つツールや素材を定額(年間)で利用できるサービスです。

 

【コンプライアンス落語について】

「落語」という日本の伝統話芸を使い、コンプライアンスの大切さ、良いこと悪いことを「親しみやすく」、そして「印象深く」伝えるコンテンツです。
企業・団体等のコンプライアンス推進活動で利用することで、従業員のコンプライアンス意識啓発を行うことができます。
コンプライアンス落語のラインナップとして、「咎の素」(基礎編)以外にも、パワハラ編、SNS編、役員編など順次リリースしていく予定です。
https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_rakugo.html

収録されている落語の噺し手は、落語芸術協会所属の春雨や風子になります。

 

■春雨や 風子プロフィール

[芸歴]
2007年秋、四代目春雨や雷蔵師匠に入門。大師匠は八代目雷門助六
2008年2月 浅草演芸ホールで初高座。(演目は「転失気」)
2012年3月 3月 二ツ目昇進。
BS日テレ笑点特大号「若手大喜利」出演中!

【開催録】コンプライアンス落語×空回りしないコンプライアンス教育

2017年2月6日

コンプライアンス落語(初口演)×空回りしないコンプライアンス教育(セミナー)
(2017年1月13日開催)

プロネクサス×HTCの新春セミナーを、落語家・春雨や風子さんと経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社・角渕渉さんをお迎えし開催しました。
当日セミナーには、企業でコンプライアンス推進を担当される方々83名にお越しいただきました。

当日の流れ(プログラム)

□14:30~  受付開始
□15:00~  オープニングトーク
□15:10~  コンプライアンス落語(落語家 春雨や風子)
□15:30~  空回りしないコンプライアンス教育
       (経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社・角渕 渉氏)

セミナー写真_会場_
       【会場】株式会社プロネクサス セミナールーム

プロフィール

■落語家:春雨や風子
芸暦:2007年秋、四代目春雨や雷蔵師匠に入門。
大師匠は八代目雷門助六
2008年2月 浅草演芸ホールで初高座。
2012年3月 二ツ目昇進。
出演:BS日テレ笑点特大号 「若手大喜利」出演中!
 
■講師:角渕 渉(経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社)
ソフトウェアハウス、国内系コンサル会社を経て、大手監査法人グループのKPMGあずさビジネススクールで講師をつとめる。2007年にアクアナレッジファクトリ株式会社を設立。「財務計数感覚に裏打ちされた戦略経営」「確かなマネジメントスキルに支えられたコンプライアンス経営」をテーマに、財務・法務教育、マネジメント教育の研修講師として活躍中。難しい知識体系の中から実務に役立つ部分を抽出し、いかに易しく、そして優しく伝えるかを考えながら、日々講壇に立つ。

コンプライアンス落語「咎の素」

セミナー写真_風子さん_今回の題目「咎の素」は、コンプライアンス落語の第一弾として作成したものです。言われれば「あるある」と思うコンプライアンス違反の例を散りばめた噺で、入門編の位置づけになっています。参加者から、「新たなチャレンジ」「研修の企画として面白い」などの評価をいただきました。

「コンプライアンス落語」は、約5年前(2012年)に「楽しさとコンプライアンス意識啓発の両立」という構想からスタートし、ようやく今回の初口演を迎えることができました。

「コンプライアンス落語」は落語家の巧みな話術と所作を使い、コンプライアンスの大切さ、良いこと悪いことを「親しみやすく」、そして「印象深く」伝えることを狙いとしています。この落語の世界を通して、「なるほど」「あるある」「そうだよね」など聴き手の心の中に頷きが生まれ、共感してもらうことで「コンプライアンスを他人ごとではなく、自分ごととして考えてもらう」ことができようになります。

現在、制作中のコンプライアンス落語の第二弾「パワハラ編」では、人間模様や心理状態などから生まれるパワハラを描いていきます。また第三弾「SNS編」、そして「役員編」など、テーマ毎にコンプライアンス違反の背景を描いていく落語を展開していく予定です。

今後を、ぜひ楽しみにしていてください。
 
▼コンプライアンス落語とは
https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_rakugo.html

空回りしないコンプライアンス教育

企業内のコンプライアンス研修などで、担当者が十分に準備したにも関わらず、効果が乏しかったり、従業員からの反応が良くなかったりすることがあります。
セミナー「空回りしないコンプライアンス教育」では、経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社・角渕渉氏より、着実にコンプライナンス教育を進めていくうえで、重要なテーマについてお話をしていただきました。

<取り上げた3つのテーマ>
・現場スタッフの教育
・コンプライアンスリーダー教育
・管理職教育

セミナー中には、イラストを使用した「ケース討議」などもあり、研修を具体的にどのように進めればよいかなど、コンプライアンス教育のヒントとなる手法の紹介がありました。

セミナー写真_角渕先生_

セミナーを終えて(担当者の感想)

今回のセミナーは、「コンプライアンス落語」という新たな試みもあって、参加者の方々は、興味津々の様子でした。またコンプライアンス推進担当者の「研修に使えるコンテンツかどうか」を見定めようという真剣な雰囲気が会場には満ちていました。

そんな緊張感のある雰囲気のなか、落語家の春雨や風子さんが登場し、落語の枕が始まり、風子さんの「落語を聴きながらメモはとらないでくださいね~」など噺が進むと、参加者の肩の力も抜け、会場には笑い声も聞こえはじめました。さすが落語ですね。

そして、「コンプライアンス落語」が終わると、第二部の角渕氏によるセミナーの開始です。落語のあとを受けてセミナーをするのは、戸惑うのではと心配する私たちをよそに、「私は面白い話はできませんが~」と話を始める姿は、さすが熟練講師だなと感心しました。

もちろん、セミナーの内容も参加者の気持ちを惹きつけるもので、「大満足」の回答をいただきました。

Copyright© High Technology Communications, Inc. All Rights Reserved.