7月, 2018年

『コンプライアンス標語コンテスト(第9回)』受賞作品を発表

2018年7月18日

最優秀賞 “ありません 不正と出世の 二刀流”

企業のコンプライアンス推進活動を支援するハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社
(東京都文京区、岡村克也社長、以降HTC)は、第9回『コンプライアンス標語コンテスト』の受賞作品を、2018年7月13日にHTCのホームページで発表しました。5,207作品の応募の中から最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作10点を選び、最優秀賞作品の作者には2万円の商品券を贈ります。最優秀作品は「ありません 不正と出世の 二刀流」です。

HTCはこの『コンプライアンス標語コンテスト』で、不祥事の防止、不正の発見、健全な職場づくりなどに役立ち、企業や官公庁等で働く人たちが、自分の行動を振り返り、周囲の状況を確認するきっかけとなるような、わかりやすく、インパクトのある標語を募集しました。募集期間は2018年4月20日から6月10日までで、受賞作品を2018年7月13日に発表しました。今回は5,207作品の応募があり、第1回の897作品と比べると約6倍の数です。

「コンプライアンス意識の啓発」、「コンプライアンスを親しみやすくする」を目的として2010年から始めた『コンプライアンス標語コンテスト』は、今年で第9回目となります。今回は国会論戦で注目された「忖度」や「働き方改革」、大手企業や行政組織の幹部による「セクハラ」事件に関する作品が多く集まりました。最終審査は、上場企業を中心に100社のコンプライアンス推進担当者の協力を得て、その投票で受賞作品を決定しました。

今回の応募作品の中から受賞作品を含む100作品は『コンプライアンス標語コンテスト 特選100』として、HTCのホームページで公開します。これらのコンプライアンス標語は、コンプライアンス意識向上に役立ててもらうため、お問い合わせがあれば企業や官公庁などに無償で提供いたします。
また応募作品の中から12作品を選び、標語の内容に合わせたイラストとともに、2019年版コンプライアンスカレンダーを作成いたします。同カレンダーは2018年11月上旬からの販売を予定しています。

 
■第9回コンプライアンス標語コンテストの入選作品
【最優秀賞】
 ・ありません 不正と出世の 二刀流
【優秀賞】
 ・空気より コンプラ違反の 先を読め
 ・休暇中 オレの印鑑 仕事中
【佳作】
 ・ガス抜きの つもりで喋って 大爆発
 ・「セクハラか?」 自覚あるなら やらないで
 ・読むよりも 換気をしよう 社の空気
 ・販促を してるつもりが 反則に
 ・「いい上司」 平等・前向き 正義感
 ・理不尽は 耐えるじゃなくて 訴える
 ・インサイダー 飲んでみたいと 子に言われ
 ・ご用心! メール1通 火事の元
 ・出る杭に なって悔いなし 正義感
 ・膿出した 企業が利益 生み出した

 
第9回標語コンテスト発表ページ
https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_hyogo.html

 
■過去のコンプライアンス標語コンテスト最優秀作品
第1回(2010年) 「ま、いいか!」 不祥事起こす そのゆるみ
第2回(2011年) 悪いのは 間違いよりも 隠すこと
第3回(2012年) 不正には 大小無くて 代償あり
第4回(2013年) 愛の鞭 それはパワハラ ただの無知
第5回(2014年) 公開し 後悔してる マイブログ
第6回(2015年) 居酒屋の おやじが知ってる 社の秘密
第7回(2016年) 引き継ぐな 仕事と称した その不正
第8回(2017年) 新人が 見て見ぬふりを 見てまねる

「コンプライアンス落語#5 スメハラ編」を2018年8月6日に初演いたします

2018年7月5日

コンプライアンスをわかりやすく
「コンプライアンス落語#5 スメハラ編」を2018年8月6日に初演

企業のコンプライアンス推進活動を支援するハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社
(東京都文京区、代表取締役:岡村克也、以降HTC)は、2018年8月6日に実施される企業向けセミナーにて「コンプライアンス落語#5 スメハラ編」を初演いたします。

 
コンプライアンス落語#5 スメハラ編」は、コンプライアンス違反のひとつである「スメルハラスメント(臭いにより不快感を与えること)」をテーマにしたもので、2017年1月にお披露目した「コンプライアンス落語♯1 総論編」から数えて5作目となります。今回の口演は2018年8月6日に株式会社プロネクサス(東京都港区)が主催する企業向けのセミナーの中で、企業のコンプライアンス推進担当者向けに行われます。

 
プレス_写真コンプライアンス落語は「コンプライアンスとはなにか?」を面白くわかりやすく伝え、聴き手にコンプライアンスを身近なこととして捉えてもらうための意識啓発用コンテンツです。今回の「スメハラ編」は、気付かずに臭いで周囲に迷惑をかけている人の噺で、聴き手に「自身が臭いで周りに嫌な思いをさせていないか」を考えさせるものです。いまや企業のコンプライアンス推進は、社会的要請となっていますが、「堅苦しい」「難しい」というイメージや「収益とは無関係」という誤解により、取り組みが進まない企業もあります。しかしコンプライアンスは、企業が継続するために避けては通れない経営課題です。そして働く人にとっても、コンプライアンスに関心を持ち、学び、取り組むことは、社会を生き抜くための「リスク管理」となります。HTCでは、コンプライアンス落語を、コンプライアンスに目を向けるひとつのきっかけにして欲しいと考えています。

セミナー概要

・テーマ  「いつまで昭和の指導をつづけますか?
       ~次世代に求められるリーダーのためのハラスメント防止研修~」
・開催日  2018年8月6日(月曜日)
・開催場所 株式会社プロネクサス セミナールーム(東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング5F)
 〔会場URL〕http://www.pronexus.co.jp/home/corporate/map/map_tokyo.html

◆第一部(15時~15時半)
  「コンプライアンス落語♯5 スメハラ編」題目:臭撃の事実(しゅうげきのじじつ)
  落語家:春風亭 昇也(しゅんぷうてい しょうや)

◆第二部(15時半~17時)
  企業向けセミナー「次世代に求められるリーダーのためのハラスメント防止研修」
  講師:倉本 祐子(くらもと ゆうこ)
 〔URL〕https://p-support.pronexus.co.jp/SeminarDetail.aspx?sid=3694&lid=1&count=0&lec=0

ご取材いただける場合は下記 担当へ7/31(火)までにお申し付けください。

企業名  :ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社
担当者名 :社長室 広報担当 大豆生田 由華(おおまみうだ ゆか)
TEL   :03-5840-8480
Email  :cbu@htc-inc.co.jp

落語家

春風亭 昇也(しゅんぷうてい しょうや)

芸暦: 2008年 7月 春風亭昇太師匠に入門
    2009年 3月 初高座(新宿末広亭にて)
    2013年 1月 二ツ目昇進
    2017年11月 読売杯争奪激突二ツ目バトル 優勝
    2018年 3月 平成29年度彩の国落語大賞 受賞

セミナー講師

倉本 祐子(くらもと ゆうこ)
ハラスメント研修 専門講師/ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社 代表

自身のハラスメント経験を最大限に活かした、ハラスメント研修専門講師として、年間150日以上登壇。研修を実施した企業や自治体は200社以上にのぼる。年平均3000人を超える受講者からは「行動に移しやすい研修」と好評。また、クライアント企業からは、高いリピート率を誇る。アパレルメーカー店長、ベンチャー企業の役員、外資系派遣会社のリーダー職、中国にて一年間のコーディネイターを経て、2005年独立。

コンプライアンス落語 既存コンテンツ

コンプライアンス落語♯1 総論編「咎の素(とがのもと)」 初演日:2017年1月13日
             落語家:春雨や 風子(はるさめや ふうこ)

コンプライアンス落語♯2 SNS編「誤謬のつぶやき(ごびゅうのつぶやき)」 初演日:2017年7月19日
             落語家:雷門 音助(かみなりもん おとすけ)

コンプライアンス落語♯3 パワハラ編「嫌力者(けんりょくしゃ)」 初演日:2017年7月19日
             落語家:春雨や 風子(はるさめや ふうこ)

コンプライアンス落語♯4 情報開示編 「つつみ隠し」 初演日:2018年1月29日
             落語家:春風亭 昇也(しゅんぷうてい しょうや)
 
▼コンプライアンス落語の紹介
https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_rakugo.html
※コンプライアンス落語を動画にした商品も販売 ≪コンプライアンス落語動画(冊子付き)1話12万円≫

会社概要

商号   :ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社
代表者  :代表取締役 岡村 克也
所在地  :〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-12 プロト本郷第2ビル4F
設立   :1983年7月
事業内容 :企業向けコンプライアンス支援/各種マニュアル企画制作
資本金  :1,000万円
URL   :https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance.html

ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社について

1983年7月、マニュアルの企画制作会社として設立。2010年より企業・団体のコンプライアンス推進活動を支援するサービスを本格化させた。企業・団体のコンプライアンス経営に寄与し、働く人たちの堅実な業務活動を維持するための、コンプライアンス推進用コンテンツを提供する。そのサービスの一つ「こんぷろカスタム(年間利用額8万円~)」は、企業規模の大小を問わず、コンプライアンス推進担当者から支持されていて、現在690社以上が契約。前年度比128%となり、今年度末(2019年6月)には1,000社を目指す。またコンプライアンス推進活動の実効性にこだわったツールづくりと、従来のコンプライアンス教育、研修の形にとらわれない、挑戦的な試みを行っている。

不祥事の隠ぺいはなぜ起こる?コンプライアンス落語動画 第4弾「情報開示編」リリース

2018年7月3日

企業・団体のコンプライアンス推進を支援するHTCは、「コンプライアンス落語動画」の第4弾「つつみ隠し【情報開示編】」を2018年7月3日から販売開始いたします。

 
「コンプライアンス落語動画 つつみ隠し【情報開示編】」は2017年7月3日に販売開始した、「コンプライアンス落語動画 咎の素【総集編】」から数えて4作目となります。この落語は、自らの不祥事が判明した際、隠ぺいしたくなる気持ちや、正しい行動をしようとする気持ち、そして迷いについて描いています。不祥事の隠ぺいが決して他人事ではないことを伝え、問題に直面したときにどのように行動するべきか、正しい判断とは何かを、企業・団体で働く人たちへ問いかけるものです。

コンプライアンス落語動画は、コンプライアンスに関心を持たせ、聴き手にコンプライアンスを身近なこととして捉えてもらうためのきっかけ、意識付けのためのコンテンツです。コンプライアンス教育、研修用ツールとして使用する場合は、e-ラーニングの教材と組み合わせる、集合研修の導入(アイスブレイク)として使うなどの利用が考えられます。なお、コンプライアンス落語動画には、復習用の冊子、e-ラーニング教材として使えるパワーポイントデータも付属しています。

https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_rakugo.html

 
■商品概要
コンプライアンス落語動画 つつみ隠し【情報開示編】
落語家:春風亭 昇也(しゅんぷうてい しょうや)
上映時間(落語動画):15分44秒
価格:12万円(税抜) ※こんぷろカスタム会員8万円(税抜)
   データ形式:HD画質 WMV形式(DVDディスクで納品) ※その他形式も相談可
利用範囲:購入した法人内で、自由に公開、上映が可能です。
付属:①e-ラーニング用コンテンツ(パワーポイント、データ合成音声付)/28ページ(9分38秒)
   ②台本&解説冊子1部

 
■他コンプライアンス落語動画のラインナップ
第1弾 咎の素(とがのもと) 【総論編】
    上映時間(落語動画):14分30秒
    e-ラーニング用コンテンツ:28ページ(8分29秒)

第2弾 誤謬のつぶやき(ごびゅうのつぶやき) 【SNS編】
    上映時間(落語動画):15分04秒
    e-ラーニング用コンテンツ:28ページ(8分14秒)

第3弾 嫌力者(けんりょくしゃ) 【パワハラ編】
    上映時間(落語動画):11分02秒
    e-ラーニング用コンテンツ:28ページ(8分34秒)

 
https://www.htc-inc.co.jp/lp/compliance_rakugo.html

「コンプライアンス事件簿 勤怠編」 リリース

2018年7月3日

企業・団体のコンプライアンス推進を支援するHTCは、企業・団体の従業員が、勤怠について正しい認識を持つのに役立つコンプライアンス意識啓発用ツール「コンプライアンス事件簿 勤怠編」を2018年6月28日より発売を開始しました。

https://www.htc-inc.co.jp/hanbai/jikenbo.html

 
■背景
世の中で働き方改革が求められるなか、多くの企業・団体でタイムカード等で把握する就労状況と実態の違いが問題となっています。この原因として、職場の管理職ならびに一般従業員の法令に関する知識不足や就業規則の理解不足から、勤怠ルールの逸脱が発生していることが考えられます。

また過去から続いている誤った勤怠ルールの認識が、是正されず「前からそうだった」と継続され、正しい就労状況の把握の障害になっている場合もあります。

HTCでは、勤怠に関する基本的な決まりごとであるにも関わらず、知られていないことが多いと考え、「コンプライアンス事件簿 勤怠編」を企画し、制作することにしました。

 
■概要
出退勤時刻や休暇などが正しく申告されていないと、人件費の計算が不正確になり、企業の生産や収益などの数値が実際とずれてしまうおそれがあります。また、過重労働やサービス残業などは、従業員の心身を疲弊させます。勤怠に関する違反を決して軽く見てはいけません。気づいた時には、人手不足が常態化し、企業競争力も低下していた…といったことになってしまうかもしれません。

この冊子では、ありがちな勤怠のルール違反を事例として取り上げ、分かりやすく説明しています。

【仕様および価格について】
名称:コンプライアンス事件簿 勤怠編
判型:A5サイズ
頁数:16P
色数:4色(フルカラー)
価格:○50部まで 1冊あたり180円(税別)
   ○100部~500部まで 1冊あたり140円(税別)
   ○550部~1000部まで 1冊あたり117円(税別)
※50部単位の販売となります。
※1,050部以上は別途お見積りいたします。
こんぷろカスタム会員は、10%割引になります。

表紙に利用企業の社名を入れたり、利用企業の状況に合わせた内容に修正するなどカスタマイズ(有償)も可能です。

 
【無料サンプル配布中】
HTCのWebサイトよりサンプルの請求ができます。
https://www.htc-inc.co.jp/hanbai/jikenbo.html

Copyright© High Technology Communications, Inc. All Rights Reserved.