HTCについて

設立以来、常に 「ユーザーからの視点でわかりやすいマニュアル作り」 にこだわり、日本のマニュアルの品質向上に貢献してきました。

私たちは「伝わるドキュメント」、「役立つドキュメント」作りのノウハウを持つ会社です

1983年の設立当時、情報をわかりやすく伝えるためのノウハウは国内にはなく、私たちは米国にあった「テクニカルコミュニケーション」という技術を学ぶことからはじめました。

米国から多くの書籍を取り寄せ学び、また幾度も学習会を重ねながら、現在の基礎となる「わかりやすいドキュメント作り」の技術を身に付けていきました。
その技術は数多くの制作実績を積み重ねながら適用範囲を広げ、いまでは企業が社内外に発信するほとんどのドキュメント制作に活用できるようになっています。

コンプライアンスに関するドキュメントも、私たちの技術が活用できるものです。


コンプライアンス意識啓発は「わかりやすく」「親しみやすい」ことが大切です

「正しいこと」「誤解されないこと」「過不足のないこと」だけでは、コンプライアンス意識啓発には役立ちません。

  ・どうしたら注目してもらえるか?
  ・どのようなものなら「読んでみよう」という気持ちになるか?
  ・情報をどのような形で提供すれば、理解しやすいのか?
  ・納得や共感を得るためには何が必要なのか?
  ・期待する行動につなげるためにはどんな工夫をすれば良いか?

等々、読み手の立場になり、様々な観点からコンプライアンス意識啓発のためのツールを考えていく必要があります。

私たちは、そのことに徹底してこだわり、長年培ってきた技術で「実効性の高い」コンプライアンスツールを制作する会社です。

Copyright© High Technology Communications, Inc. All Rights Reserved.